【タイ茄子作り】②苗造り。種まきでドキドキ&ワクワク🎵基本は大事ってことだった。

直売所で買ったタイ茄子の種を採って、今年またタイ茄子チャレンジしています。

去年は芽も出なかったので、今年はぜひタイ茄子の発芽を見てみたいと思います。
(普通の日本の茄子さえ発芽を見るのは初めてです)

種から根が出た

タイ茄子の種を水に浸け様子を見ることになったのは 5月7日

保冷バッグは、保温用のお湯を変えにくいので、途中で発泡スチロールの箱に交換。

2日後 5月8日

根っこを確認( ゚Д゚)

めちゃめちゃ嬉しくて、何度も見直します(笑)

芽だとばかり思っていたけど、まずは根っこからなんですね
いつも苗で買ってばかり、もらってばかりいるから分からないんですね( ゚Д゚)
またひとつ賢くなりましたわwww

発根した種を見失う

しかし、それ以降全く変化はありません。

しかも水を替えるときに、コットンも替えようとして、たった一つの発根した種を見失ってしまいます。

なんだか面倒くさい!!

でも、まだ沢山あります。大丈夫(^_-)-☆

水がひたひたになっていたので、ここで少し変えてみます。

今までは、水没しているので腐るかも?いや、すでに腐っている?なんて思いまして、

こんな風にティッシュペーパーの上に置いて、水はティッシュがビタビタになる程度。
水を替えるのではなく、水を足した方が楽だしね。

いきなり発根ラッシュ

やっぱりダメかな~と思っていましたが、もう少し保温しながら観察。

5月11日、朝は変化が無かったものの畑から帰ると・・・

沢山根っこが出ています(*’▽’)

この種は生きていたんですね~あっちもこっちも根っこが出ています。

種を採り、ノートのきれっぱしに包んでパソコンの裏側に放置。
そんな雑な扱いでしたが

凄い!生きてるや~ん💛

水に浸けてから5日後の出来事です。はあ~長く感じました。

苗造り

早速、苗造りに入って行きます。

ここで適当にやって枯れてしまったらアホすぎる。
ってことで、調べてから。

基本は大切、デタラメでやっても種がかわいそう。
偶然が重なって出来ることもあるでしょうが、今回だけは真面目に( *´艸`)

今回は、ドラッグストアに売っていた、こんな土を使ってみました。
畑の土では重すぎだし、草の種や虫が入っているかもしれませんから。

育苗ポットに移す前に、ここで育てることにします。
段ボールの周りにラッピングが残っているので、汚れないし丁度いい

深さ1センチの溝を掘って

まずは、発根したものだけ5ミリ間隔で並べました。
まぁ感覚で、5ミリから1センチくらいでしょうか。
メガネをやらないと手元がみえな~~い!!

残りは、大きくて厚みのある種を選んで並べます。
私にしては、結構頑張った方です(*^-^*)

もう、ワクワク、ドキドキして暴走しそうです!
例えば、半分畑に持って行って植えちゃうとか?

上から1センチ位土をかけて、仕上げに水をたっぷり。
水は、土が掘れてしまうといけないのでスプレーでやることにしました。

種まきの第一段階が終了だ!

芽が出るまでの管理

種まき後、更に一回り大きな段ボールに入れて
それを更にタオルを敷いた発泡スチロールに入れました。

夜は25℃、昼間は30℃にします・・・と書いてありますが保てるのだろうか?
とにかく、保温。

写真は日が陰ってしまってますが、昼間はベランダに置いてふたを開けておきました。
ついでに、保温用のお湯も昼間作っておきます(笑)省エネだよ(*^-^*)

この後は、夕方発泡スチロールにふたをして、夜は保温用のお湯を入れておきます。
温度管理は難しいけど、何とか自分なりに工夫して・・・

さあ、発芽してくれますように(*´▽`*)

続きます。(多分)

前回水に浸けたお話はコチラです。

もう一度挑戦。「あの子に食べてもらいたい」【タイ茄子作り】開始①種まき前に
今年こそタイ茄子を作る!もう一度挑戦だ! そしてタイ人の友人に食べてもらうんだ(*^^)v (本場のタイカレーを作ってもらうんだ♪) ...

それでは、また(^^)/

いつも見て頂きありがとうございます(^o^)丿
大変励みになっております☆☆☆

&
家庭菜園ランキング;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする