冬の家庭菜園 まだまだ大丈夫【水菜】追加と【種まき機】はエコで優れものだった

こんにちは、寒くなると肩がこる
そしてたまらなく眠くなるふたばです。

今日はニンジンを描いてみましたが、
結構葉っぱを描くのが難しくて時間がかかりました( ;∀;)
時間かけた割に葉っぱが全然別物になってしまいましたが
これでもちゃんと見て描いてます(*^^*)

2作目なんですが、「なにこれ?」と言われるのが
恐いので【にんじん】と書きました。
どうでしょうか、窮屈を強いてしまって
可哀そうなニンジンですが、それは
後の方で書こうと思います。

それでは今日も、
ようこそ!ふたば家の菜園へ

水菜を植えよう

もう植えてありますが、現在はこんな感じです。

実験と称して大中小の水菜を植えました。
大も中も、葉をカットしたものも小さいのも
すべて新しい葉が出てきて、根が付いた模様です。

水菜ゾーンはスカスカで、せっかく成長しても
雨や風で倒れて泥だらけになりそうです。
なので、先生の教えに沿って隙間を埋める事にしました。

ふたばの頭の中では、
この水菜が根付いたら隙間を埋めよう
と決めていました。
枯れてしまったら可哀そうだし
苗が勿体ないし(*’▽’)

今日は新たに苗をもらいました。
苗の感覚が10センチ位になるように植えます。

結構均等に埋まりました。(*’▽’)
これで後は食べ頃まで待つだけです。

日陰の水菜

実はもう一か所、水菜の種を撒いてありました。
そうです、日の当たらない寒いところです

ばら撒きで種をまいて、
鳥に食べられないように上から落ち葉を被せてありました。

落ち葉のせいで芽が出たのも知らず、
落ち葉のせいでこんなにヒョロヒョロ( ;∀;)

少しは成長していますが、これはひどいですね
今日は落ち葉を取り除いて地面を少し押さえてあげました。
当然成長はノロノロです。

日陰の大根

日陰には、ミツバ水菜そして大根が植えられています。

種まきしてひと月以上経ちましたが
こんなに小さいままです。
でも、これで日陰は良くない事が
解ったし、もし春に急成長してくれたら
収穫時期がズレて大根に困らないのでは?
なんて都合よく考えています。

ニンジン

この窮屈そうなニンジン( ;∀;)
一番奥の小さなのを試しも兼ねて収穫しました。
5センチ間隔で植えたはずなのに
変だなぁ(胸に手を当て考えよう)

こちらが引っこ抜いたニンジンです。
ニンジン同士で干渉しあい
形がいびつになってます。
傷も虫食いも無く、形以外は立派なニンジンです。
柔らかそう(*^^*)

キャベツ

雨上がりで、水をはじく綺麗なキャベツです。
白菜と違ってまだアオムシに食べられていないです(*^^*)

この、外側の葉っぱも美味しそうです
ネット無しなので、今後どうなるか・・ですね

キャベツは20株程植えましたが、
今のところ良い状態です(*’▽’)

種まき機

女性でも軽々持ち上がる軽量設計です。
今年は手撒きでやってますが、
去年は沢山お世話になりました。

今日は先生がハウスの中で使っていたので
ちょっと見学することに。

これ一台で、
種を撒く筋を作り
その後で種を落とし
最後に土を被せる事が出来ます。

白いベルトの中に見える青いのは
ホウレンソウの種です。


透明な箱の中に種を入れます

モンキースパナが見えますね
種を撒く深さの調節をしています。

奥に見える金属の部品は深さを調節できる
穴掘りの部品。その後ろのナットで止められている
部品が種まき後に土を被せる部品です。

筋の深さも調節できますし、
種の大きさに合わせて
ベルトを交換できます、
そして、撒きたい間隔も変えられるんです。

凄いですよね!
しかも燃料も使わずのエコ設計の優れもの!

当たり前なのかさえ解らないほど
農業機器を知らないので
色々な物が出てくるたびに驚きます。

先生の道具はすべて工夫してあります。
綺麗に、簡単に、早く、力をなるべく使わず
使い方を教わる度に感心します。

今日はこのへんで(*’▽’)

ふたばの菜園明日は何をしようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする